HOME > 弁護士費用

弁護士費用

お気軽にご相談ください。お電話でのお問い合わせお問い合わせフォーム
当事務所では、ご依頼いただく時点で弁護士報酬等の金額を前もって明確にさせていただくように努めています。事前に弁護士報酬等のお見積りをお示しすることで、費用の総額を理解し安心して事件をご依頼いただくことができ、これがお客様との間の長期的な信頼につながると考えているからです。

1 弁護士報酬の種類

弁護士報酬には、法律相談料、書面による鑑定料(意見書料)、着手金、報酬金、手数料、顧問料及び日当などの種類があります。以下でご紹介するのは、民事訴訟事件等に関する「着手金」「報酬金」についての当事務所における簡易な報酬等の計算方法です。これらの報酬については、別途、消費税相当額を頂戴することになります。具体的なお見積の際には消費税相当額を含めた総額をお知らせしますので、お見積りについてはお気軽にお申し付けください。
弁護士報酬の種類

2 お見積依頼の際のお願い

お見積りをご依頼いただく際には、ご自身が請求しようとする金額または防御したいと考えている金額(例えば、防御したい金額とは、100万円請求を受けていて、その全部を支払う必要がないと争いたいと考える場合には100万円となります。)をよくご確認ください。
当事務所では、次の3.で述べるように、お客様が請求しようとする金額または防御しようとする金額を「経済的利益の額」とした上で、この「経済的利益の額」に応じて弁護士報酬の額を算定することにしております。したがって、お見積りの際にも、この「経済的利益の額」がいくらになるのかが重要となります。
なお、経済的利益の額がいくらになるか不明である場合や経済的利益の額が算定できない場合(離婚や子供の引き渡し請求事件など)には、別途弁護士報酬基準を用意しておりますので、お問い合わせフォームからお問い合わせください。
弁護士費用弁護士費用

3 民事訴訟事件等の着手金及び報酬金

訴訟事件、非訟事件、家事審判事件、行政審判等事件及び仲裁事件の着手金及び報酬金は、原則として上記2.の「経済的利益の額」を基準として、それぞれ次表のとおり算定しています(消費税を別途加算します。)。ただし、着手金の最低額は108,000円(税込)となります。また、ご依頼いただく事件の内容・難易度等により、30%の範囲内で増減することがあります。
経済的利益の額 着手金 報酬金
300万円以下のとき 8% 16%
300万円を超え3000万円以下のとき 5%+9万円 10%+18万円
3000万円を超え3億円以下のとき 3%+69万円 6%+138万円
3億円を超えるとき 2%+369万円 4%+738万円

4 初回ご相談料

初回の法律ご相談料は、30分5,400円(税込)~となります。

弁護士の報酬については、次のブログもご参照ください

弁護士報酬のツボ
CLICKimage
弁護士報酬のツボ②
CLICKimage

▲ページトップへ